「ていねいに生きる」

日々を紡ぐ、学生の備忘録

学生のイマはここにある。「学生が運営するメディア7選」

 

f:id:mrzistafan:20180521205907j:plain

 

いきなりですが、みなさん。学生が運営するメディアを見たことがありますか?

 

おそらく「学生が運営するメディアって聞いたことはあるけど、実際に見たりしたことはない。。」というのが人が多いんじゃないんでしょうか。(自分もメディアに興味を持つまでは知りませんでした、、)

 

でも学生の発信する情報ってめちゃくちゃ面白いんですよね。ほんとに。

 

「こんな取り組みをしている学生がいるのかよ、、!!」っていう驚きだったり、就活以外の選択肢や学生生活のリアルを知ったり、とにかく同じ学生が伝える等身大の情報なので常に刺激をもらうことができます。

 

役立ったり、時には笑えたり、人生を変えるキッカケになったりするかもしれない。そんな「学生のイマ」が詰まっているのが、学生の運営するメディアなんです!

 

今回はそんな学生の運営するメディアの魅力を伝えるべく「学生が運営するメディア7選」をご紹介します。

 

   

学生向けサイトのお手本「ガクセイ基地」

gakusei-kichi.com

 

 ガクセイ基地は2011年に発足した学生団体が運営するメディア。

 

学生の好きが見つかるメディアをコンセプトに、学生にオススメのスポットなどの日常系からタメになるスキルアップ系、そして就活生必見の業界研究記事からインタビュー記事まで幅広いコンテンツを揃えています。

 

サイトのクオリティも非常に高く、見やすいUIで、学生運営のサイトとしてはかなり高レベル。ほんとに幅広いコンテンツを揃えていて、質の高いサイトです。いやあ、すげえ。

 

gakusei-kichi.com

 

gakusei-kichi.com

 

学生メディアとは思えない質の高さ。必見です!

 

twitter.com

 

  

刺激が足りない学生必見「バカレッジ」

bakallege.com

 

バカレッジはなんと昨年11月に発足したばかりの、個人的にめちゃくちゃ面白いと思ってるメディアです。(この前興味ありすぎてメンバーに会いに行っちゃいました。)

 

決して意識高い系ではない、けれども何かに振り切った「バカ」へのインタビューを中心に配信しています。

 

そして、この「バカ」の種類がめちゃめちゃ濃いんですね。(笑)

 

・医学部でアジア大会に進出した「マジックバカ」

・好きすぎてアマゾン川まで釣りに行く「釣りバカ」

・30ヶ国以上旅した「旅バカ」

・映画会社への就職を決めた「映画バカ」

 

bakallege.com

 

などなど、素直に「こんな奴らが同世代でいんのかよ!!!!」と衝撃と刺激をもらえます。まだまだ自分の見ている世界は狭いんだと実感すること間違いなし。

 

刺激が足りないとウズウズしてるそこの君。大丈夫だ、バカレッジがある限り。

 

twitter.com

 

 

とにかく笑える阪大メディア「Oulife」

f:id:mrzistafan:20180521212627j:plain

 

阪大生が運営するOUlifeのデザインは、かなりイケてます。

コンテンツもきっとイケてるんだろうなあ。カッコイイことたくさん書いてあるんだろうなあと思って見てみたら

 

クッっっっっっソ笑える。

 

いやいや、さすがの阪大生。ソウルを感じる。ただノリで面白いだけじゃなくて、インテリを感じさせつつの笑いに品格さえ感じる。

 

個人的には

 

oulife.net

 

これがまじで面白かったです。交渉学ってこんな感じなんだっていう知識もつまみつつ、修羅場の鬼シチュエーションで笑えます。まじでおもろい。

 

他にも美女特集、大学広報への取材などもやってるんで阪大生だけじゃなくても全然楽しめるコンテンツが揃ってます。

 

twitter.com

 

  

京大生の頭の中を覗ける「360°」

f:id:mrzistafan:20180517195807j:plain

360˚|京大発オンラインメディア

 

こちらは京大生が運営するメディア360°は「真面目なことからアホなことまで360°」をコンセプトに掲げています。

 

一言で言えば、京大生の頭の中がわかるメディア。

よくクレイジー、自由闊達というワードが挙げられる京大生ですが、自分みたいな関東圏の学生には身近ではない存在であるのも事実。(俺の知っている京大生はやっぱりヘンなやつなんですけど。)

 

「京大生ってどんな感じなんだろう?」「何考えてんの?」

 

 

そう思ったら360°を見てみよう。少しだけでも彼らの頭の中を覗くことができます。

 

世界が滅んでも生き残るため、京大生よ変人たれ。酒井教授が語る、カオスに立ち向かうための「京大の役割」 | 360˚|京大発オンラインメディア

 

f:id:mrzistafan:20180517195543j:plain

 

 とにかくこの京大教授へインタビューした記事はぜひ見て欲しいです。

クオリティはもちろん、京大のリアル・知の深さを感じられると思います。

 

twitter.com

 

 

モテたい!そんな切実系学生の救世主「Material」

f:id:mrzistafan:20180521212650j:plain

MTRL(マテリアル)

 

「はあ、上京したのに彼女できねえ、、。」

「一応学生として?必要なことは?やってるのに?なんで彼女できない?」

 

こんな感じで東京に夢を見て上京した学生、とりあえず大学生になれば彼女できるっしょwwとか余裕ぶっこいて今悩んでいるであろう学生のみんな。

 

一旦落ち着こう。君達に圧倒的に足りないのは、顔とかじゃない。

 

 

 

 

モテる情報。しかも、かなりリアルな情報。情報量だ!!!!

そう、君に魅力がないわけじゃないんだ!!!!!

 

 

そして、そんなモテる情報を配信しまくっているメディアこそが「明日のモテるを配信中」をコンセプトに掲げているMaterial(マテリアル)。

 

 

一見すると絵に描いたようなリア充大学生(美男美女)の写真がとにかくサイトに敷き詰められていて、最初は

 

「なんだこれ、、こんなの、、違う、、!!」

「俺はこんなチャラチャラした奴になりたいわけじゃない!」

 

そんな葛藤と戦うかもしれません。しかし、ちゃんとコンテンツの中身に目を向けてみると

 

最初が肝心!45日間で夏までに彼女持ちの勝組になる方法 | MTRL(マテリアル)

 

女子が初めて部屋に来た時にドン引きするものランキング | MTRL(マテリアル)

 

【性の乱れがヤバイ】ヤリサーの代表に質問してみた | MTRL(マテリアル)

 

 

実に役に立ちそうなコンテンツが満載。そうこれはリアルなリア充学生が伝える王道のモテ情報!!!使えないはずがない。

 

みんなグッとこらえて、読んでみよう。絶対に力になるはずだ。

(ヤリサー代表に質問してみたは、ホントに参考になります。色んな意味で笑)

 

twitter.com

 

  

このままでいいのかな、、?迷える学生におすすめ「PERRY」

f:id:mrzistafan:20180517200338p:plain

PERRY | 学生の世界を広げるWEBマガジン

 

大学に入って、サークルやって、飲み会行って、バイトして、、、

 

「このままでいいのかな?」「何かにチャレンジしたい!」

「でも何を始めたらいいかわからない」「みんなと違うことをするのって不安」

 

ある程度学生時代を過ごすと、こんなモヤモヤした思いを抱える学生が多いと思います。自分もそんな学生の一人でした。チャレンジする、状況を変えるってなかなか難しいですよね。そんな自分が

 

 

「迷える学生のチャレンジの後押しをしたい!」

「学生の狭い視野を広げるメディアを作りたい!」

 

 

 

こんな想いを掲げて立ち上げ、運営していたのがPERRYです。

 

 

日本の学生を開国する」をコンセプトに留学・休学をした学生や世界一周をした学生、就活をあえてしなかった学生など、迷える学生のお手本となるインタビュー記事を中心に配信をしています。

 

 

ganchan.tonoshiya.com

 

前の記事で紹介したコンテンツもPERRYで配信中です!

 

【インタビュー】なぜ英語を話せなかった学生が「社員の9割が外国人」の会社の経営者になれたのか? | PERRY

 

【PERRY×BACKPACKER】次期編集長が語る、雑誌のミライと国際問題。 | PERRY

 

日本人ってだけで可能性は無限大! ピースボートから夢を授かった女子大生にインタビュー | PERRY

 

学生起業家や学生フリーペーパーの編集長、ピースボートで世界一周した女子大生まで、様々な学生の経験談をみることができます。

 

 

 

その他にも、実際にバックパックをしている学生の現地レポなども必見。アウシュビッツやダハブ、アメリカ横断、北朝鮮まで様々な国の情報は貴重そのもの!

 

涙が止まらなかった。学生が見た「人類の負の遺産」アウシュビッツ収容所 | PERRY

 

グランドキャニオンでテント泊?!ロサンゼルスからグランドキャニオンまでの行き方を学生なりに徹底解説!! | PERRY

 

「世界で最も孤立した国」北朝鮮の実情に迫る。一人で訪れた学生の現地レポ | PERRY

 

 

自分の学生生活に閉塞感がある、モヤモヤする。そんな時はPERRYを見て狭まった世界をぶっ壊してもらいましょう!!

 

そこから見える世界は、きっと違って見えるはず。

 

twitter.com

 

早大生をチラ見したいなら「WASEAD」

waseda-ad.com

 

はい、これは完全に愛校心というか。ここまで紹介したらやっぱり紹介しておこうと。(笑)

 

我が大学、早稲田の誇るメディアWASEADです。「早大生の早大生による早大生のためのwebメディア」のコンセプトの通り、みんなが大好き早稲田のゼミ・サークル・恋愛・留年・中退まで全ての情報を網羅しております。

 

早稻田なんか嫌いだ!!!!!!

バカ田大学!!!!!!

馬場はくせえ!!!!!!

 

そんな早稲田が大好きなみなさんも一度見て見てください。チラ見でも構わないです。

(クオリティは高いですよ?面白いですよ??)

 

早稲田という大学の一片でも見ていただければ、幸いです。もし興味ある方は、どうぞ、JR高田馬場駅前ロータリー広場までお越しください。

 

 

あの、とりあえずこれ見てください。

 

waseda-ad.com

 

これが、早稲田。(ちがう)

 

twitter.com

 

 

〜番外編〜 学生のタメになりすぎる優良メディア「Co-media」

www.co-media.jp

  

そして番外編として最後にオススメするのは、株式会社TRAIMMUが運営する超優良メディア「Co-media」です。

 

こちらのメディアも「若者の視野が広がる」をコンセプトに、就活・インターン情報や有名実業家へのインタビュー、留学生によるブログ、教養まで質の高いをコンテンツを網羅しています。

 

学生ノリ!ではないものの、常にチェックしておいて損はないメディアでしょう。

 

www.co-media.jp

 

こちらの保険業界の巨人、出口治明さんへのインタビューは学生必見。うん、もうインタビューの相手がえぐい。

 

 

まとめ「学生が発信する情報は何よりも価値がある」

f:id:mrzistafan:20180521205907j:plain

 

 

学生が運営するメディアって実は色々あるんですよね。運営する学生の属性によってメディアの毛並みも違うから、またそこも面白さになったり。

 

 

 

そしてなんといっても学生の発信する情報は「今の学生は何を想い、何をしているのか、そんな学生がどれだけいるのか」を伝えてくれているんです。これが学生が運営するメディアの一番の魅力じゃないでしょうか。

 

 

 

サークル・学生団体・ゼミ・留学・長期インターン・休学・留年・世界一周・中退・恋愛・就活 etc......

 

 

 

学生ってなんでもアリ、なんです。

 

そんな無数の学生のモデルケースを知って「なるほど、こういう考えがあるのか。なら、自分はこうしてみよう」という具合に動いてみればいいんです。

 

学生の数だけ「オリジナルな情報」があります。それら一つ一つが学生にとって、将来を選ぶ重要な要素になるでしょう。そして、気づけば自分がオリジナルに。

 

知ってるだけで、世界が広がる、見方が変わる。それが学生の運営するメディア

 

 

どうですか?とりあえず全部ブックマークしてみましょうか。(笑)

あなたの人生を変えるキッカケは意外とすぐ近くにあるかもしれません。

 

 

 

Twitterで色々な情報発信してます。よければフォローお願いします!

 

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅をして、ドキュメンタリーの世界へ。「普通」を捨てた学生にインタビュー

 

どうも、ガンです。

 

今回は、自分が運営をしていたPERRYというメディアで書いたインタビュー記事を載せたいと思います。

 

現在はサイバーエージェントのAbemaTVで働く親友の「普通」を捨てたエピソードについて取材した内容となっています。これから就活を控える学生、今頑張っている就活生、そして「生き方」について悩んでいる人、それぞれにとってきっと大きなヒントになると思います。

 

ぜひ、読んでみてください!

 

転載元⇨ http://perry.tabippo.net/documement/

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

突然ですが、「普通の大学生活」ってなんでしょうか。 3年まではサークル・団体の活動をして、4年を迎えて就活が始まり、そして就職。  

 

これがいわゆる「普通の大学生活」のケースです。 でもこれって、正解なんでしょうか?   もちろん、生き方に正解も不正解もないのでしょうが。

 

今回はカンボジアで会った旅仲間であり、現役の学生である僕の友人にインタビューをしてきました。  

 

NHKの番組を作り、カナダにロケに行き、現在はドキュメンタリーのフェスに携わる 「普通」からはみ出した彼には、一体どんなエピソードが詰まっているのでしょうか。

 

  そして、ドキュメンタリーとは?旅とは?存分に語って頂きます。   

 

日高成樹プロフィール

photo by naruki

 

22歳 明治大学文学部所属。   大学生活中に、カメラを片手に16カ国を旅する。その経験を生かし、NHK総合で放送した「旅旅しつれいします。」のプロジェクトチームに参画。 また現在ドキュメンタリーチーム「BUG」に所属しながら、ドキュメンタリーの自主制作も行う。フリーランスでプロモーションなどの仕事も、様々なジャンルで行なっている。   座右の銘「選択と決断」。  

 

  ──今回は「学生の世界を広げるWEBマガジン」ということで、学生の視野を広げてくれそうなヒダカナルキさんにインタビューさせて頂きます。では、よろしくお願いします。  

 

よろしくお願いします。  

 

photo by naruki

 

旅に明け暮れた学生時代

photo by naruki

 

  ──まず最初に、学生時代は何をされていましたか?  

 

旅ですね。大学1年生の時から始めたのが、海外1人旅でした。長期休暇を使って、一年のうち3ヶ月くらいは海外に行っていました。いつも長期休暇の休みを1ヶ月くらい延長して、先生に頭を下げながらって感じでしたね。(笑)3年間で行った国の数は、15カ国。アジアを中心に、ロシア、アフリカを回っていました。

 

  ──ロシアとか、アフリカとかチョイスが良いですね。結構「辺境の地」が好きなんですか?  

 

なんだろうなあ。昔から認められたいというか、周りとはちょっと違うことをしたら、認められるみたいな考えがあって。それで何処か辺鄙な地、誰も見たことのない場所に行って、そこの写真を撮りたいというのはありました。  

 

photo by naruki

 

──なるほどですね。そういった人とは違うチョイスの国の中でも、印象的な国はありましたか?

 

印象的な国でいえば、ネパールですかね。2016年の春にネパールに行ったんですけど、ヒマラヤ山脈の中にアンナプールナという山があって、そこのベースキャンプに行くためにネパールに行ったんですよ。そこに登頂するまでには10日間かかって。10日間ずっとお風呂も入らずに、一日8時間かけて毎日ちょっとずつ登って、やっとベースキャンプに着いたみたいな。そしてパッて携帯を見たら、ちょうどその日が誕生日で。(笑)もう過酷すぎて、高山病とかにもかかっていた中だったから、日数とか気にしてなかったんですよね。まあ結局登りきれて、気づいたら誕生日がきてて、それが一番思い出深い一日だったかなと。  

 

photo by naruki

 

──中々辛いエピソードですね。(笑)それでも、その過酷さがあるからこそ、印象に残る体験なんですよね。

 

いやでもこれ、良かったエピソードなんですよ。

 

  ──そうなんですか。(笑)

 

死を覚悟した、中国での経験 

photo by naruki

 

一番旅した中で過酷だったのは中国ですね。ただ自分の運が悪いってだけなんだけど。中国に入って3日目に、普通に鉄道で移動してたんですけど、お腹が痛くなってトイレにいったんですよ。自分は普段目が悪いからメガネをかけてるんですけど、トイレが狭いから荷物を汚さないようにと、肩にかけてる荷物を取ろうとしたときに、メガネが落ちて便器に吸い込まれました。はい、3日目に視力を失いました。

 

  ──コンタクトはなかったんですか。(笑)

 

持っていたんですけど、あまりに少なくて。  

 

──それで、そのまま旅を続けたんですか?  

 

もうそのまま続けました。とりあえずその日は一旦落ち着こうと思って。その一時間後に、とりあえずwifiを求めてカフェに入りました。そしてらカフェの店員にミルクティーをかけられました。いやもう、これ以上ねえなって感じになりましたよ。  

 

──フルコンボですね。(笑)  

 

こんな辛いことないって、そう思ってたんですけど。

 

  ──え。  

 

その日ですね。向かった先の山で、熊に会いました。  

 

──それはどういうことですか。(笑)  

 

えっと、とりあえず色々重なったから、それを忘れるために登山しようと思ったんですよ。その山には地球の歩き方を読んでいこうと思ったんですけど、そこに書いてある登山ルートを登っていたら、いきなりライオンのような鳴き声がして。間違いなく自分よりでかい生き物の声でした。でもその瞬間、体が固まってしまって、もう影は見えてたんですけど、目を合わせたら終わりっていうのはわかっていたので、とりあえずそのまま固まってました。5秒位風の音がした後に、バッ!っていう足音がして。あ、もう死ぬって察知したんで、そこからダッシュで逃げました。結局1時間くらい、何も考えずにダッシュで山を降りてどうにか助かったんですけど。(笑)とにかく、その一日が旅した中で一番きつかったですね。

 

旅を通して、過去の自分を克服 

photo by naruki

 

──死にそうな経験までついてきちゃったんですね。(笑)でも無事で何よりです。そうした過酷な経験を幾つもされてきた日高さんには、旅についてテーマのようなものはありますか?  

 

えっとですね、ちょっと良い話になっちゃうんですけど。高校時代、自分はバスケットボール部で部活漬けの毎日でした。そして練習とかだと全然良いプレーができていたんですけど、試合に出ると急に体が動かなくなったりして。元々、「アガリ体質」なんですよね。それは高校の頃からわかっていて、それが原因で大学受験も失敗しました。そして浪人を経て、今の大学にいるんですけど。

 

そうした経験があったから「どうにかして自分を変えないといけない」と思いました。精神力をつけるってやつですね。そしていざ大学に入って、その方法を探ったわけです。今すぐにできて、自分を強くできる方法。それを考えた時に「海外1人旅」という結論に至りました。  

 

──なるほどですね。「自分を強くしたい」というきっかけがあって、旅に出た自分っていうのはやっぱり変化がありましたか?

 

  やっぱり、バックパッカー旅っていうのは行き先を決めているわけでもなかったので、毎日何かしらのトラブルがありました。携帯が気づいたらなくなって、新しい携帯を買って電源つけたら彼女から振られたメールがきてる、とか。いきなり航空券がキャンセルになったり、お金がなくて辿り着いた街で仏道修行することになったりだとか。とにかく自分の予想していない出来事が起こって、最初は焦ったりもしました。

 

でも、少しずつ冷静に対応できるようになって。頭を使って、一つ一つ決断していけばちゃんと次に進んでいけるってわかってからは、気づいたら動揺しなくなってる自分がいました。一年くらい旅をしたあたりから、実感しましたね。  

 

就活よりも「今、自分がやりたいこと」 

photo by naruki

 

──旅をして、過去の自分を克服できたんですね。今話されてる姿も堂々としてました。そんな日高さんも「就活」を迎えて、そこはどうされたんですか?  

 

んー、そうですね。まず、旅がきっかけで始めた「写真」と「映像」というものがあって。それは自分が旅で撮った一枚の写真がきっかけでした。  

 

photo by naruki

 

この写真なんですけど、周りの人から「その場の雰囲気が伝わってくる」とすごい反響があったんですよ。その時に、写真と映像の道に行こうと決めました。大学に入ったときは、将来何がしたいとかは考えてなかったんですけど、さっきも言ったように写真とか映像を使って、誰かの気持ちを動かせるような仕事がしたいと考えるようになっていましたね。そこで、就職活動の時期になって。やっぱり自然と、映像に関わる会社や映像のプラットフォームを持つ会社を見ていたし、そこに興味が湧くようになっていました。  

 

──では、映像関連の会社に進まれたんですか?  

 

正確にいうと、自分は就職活動を辞めました。それは、自分自身に「今しかできないこと」があったからです。広告やメーカーなどではなく、「映像を作る」ということにチャレンジしてみたかった。これは、冷静に考えた上で決めました。この決断も今思えば、旅に出て培われた決断力だったような気がします。

 

今は週5で会社に勤めてるし、ロケの同伴でカナダに行ったりもするけれど、自分のこの決断を誇りに思っています。もちろん、周りの友達と環境が違うことに対して寂しさを覚えることもあるけれど、旅で培った経験があるから今全力で仕事ができていますね。  

 

──周りと異なるレールを行くことは、大きな決断でしたね。それでも自分の好きなこと・やりたいことに真っ直ぐな決断は、絶対に間違いないと思います。旅を通して出会った「写真」と「映像」が、今の日高さんのドキュメンタリーに関わる活動に繋がっているんでしょうか。  

 

そうですね、今年の4月から主にドキュメンタリーの番組を作る会社で働かさせてもらうことになってるんですけど。それも自分が旅で会った先輩に紹介して頂いた場所で、そこで今年の月にオンエアされた、NHK総合の「旅旅しつれいします。」という番組のプロジェクトメンバーとして参加させて頂きました。

 

メンバーの中で学生は僕だけで、あとはもうプロの方たちだけなんですよ。でも自分は若い視点や映像技術を含めた大学三年間の経験を活かして「旅」がテーマの番組をいかに良くするかを考えました。そこで色々なアイデアを出せたことは、自分の旅の経験が繋がったなと思います。ちゃんと、番組のクレジットにも載せてもらいました。(笑)  

 

そしてドキュメンタリーの世界へ

photo by naruki

 

──NHKの番組の制作に関わっていたんですね。しかもクレジットに載ったなんてロマンがあり過ぎます!(笑)そして、日高さんが現在関わっているプロジェクトで「ドキュ・メメント」というものがあるそうですが、こちらはどういうものなんでしょうか。  

 

説明しましょう。(笑)ドキュ・メメントというのは、今自分は制作会社で働かせてもらっているのと同時に「BUG」というドキュメンタリーの若手チームに参加をしていて。日本で今活躍しているドキュメンタリストや、映像に取り組んでいる監督が集まっているチームです。このBUGが主催となって企画しているのが「ドキュメメント」です。これは11月3・4日に開催されるんですけど、いわば「ドキュメンタリーのフェス」のようなものですね。

 

ドキュメンタリーって、やっぱり若い人たちにはあまり身近ではない分野で、他のバラエティ番組等に比べてある程度気合をいれないと見れないものだと思っています。敷居が高いというか、見ようと思わなきゃ見ないというか。中々みんながみんな見るものじゃないという認識はあります。そこでBUGでは、そういった若者に対して「ドキュメンタリーの入り口」を広げよう、できるだけ多くの人に良い作品を伝えようというコンセプトを持っています。

 

今までも上映会などのイベントを重ねていたんですけど、今回は、古くは東海道の宿場町として栄えた歴史と伝統を持つ「品川宿」という場所で、その地域の方と協力をしてフェスを開催することになりました。 フェスの内容としては、会場は幾つかの会場に別れていて、20~30人のドキュメンタリストに各会場で登壇してもらいます。

 

  ──その中に、過去のTABIPPOのDream優勝者もいられるんですよね。  

 

新福剣士くんですね。

 

  ──そこでは何をテーマにしたドキュメンタリーを上映されるんでしょうか。

 

そうですね。このフェスの特徴なんですけど、ドキュメンタリストだけではなく、色んなジャンルで熱い思いを持っている人達、例えば新福くんのような方たちも集めています。ギャンブルで世界を6周しているプロギャンブラーのノブキさんや、プロのミュージシャンの方、元中国マフィアの方だったり。(笑)

 

そういった方をお呼びして、それぞれの方が今伝えたい思いや、自分の生き様についてドキュメンタリーを通して表現して頂きます。ドキュメンタリーとは、いわばその人の「生き様」だと思っていて、それが音楽であったりダンスであったりするんですけど、そうした自分の生き様を「20分」という時間で伝えてもらう場になります。ピッチングコンテストの様なものです。

 

「旅」と「ドキュメンタリー」について 

photo by naruki

 

──めちゃくちゃ面白そうですね。日高さんは、旅をして、映像に出会い、今こうしてドキュメンタリーの世界に飛び込んでいると思うんですけれど、この「旅」と「ドキュメンタリー」の繋がりをどう表現できますか?  

 

んーなんだろうな。ドキュメンタリーはさっきも言った通り、一人一人の生き様を映してるものであって。それは被写体にしろ、撮影者にしろ「個」の生き様が映されていると思うんですよ。やっぱり旅っていうのも、自分が思ってもないこと、予期しないことが起きるし、自分の「生きている」という姿が一番出るものだって思います。

 

そして生きている姿や、がむしゃらに生きようともがいている姿の場面場面を切り取っていくものが、ドキュメンタリーであるとしたら、やっぱり旅との繋がりはあると思います。

 

  ──素晴らしい言葉を頂きました。今取り組んでいるドキュメンタリーの活動も、原体験は旅にあるということですね。

 

  そうですね。カメラを使うようになったのも旅のおかげだし、自分の生きてるぞという姿を魅せれる場所が「旅」でもあり「ドキュメンタリー」でもあったという感じですね。  

 

燻っている学生にメッセージ 

photo by naruki

 

  ──今「旅」というものについて語って頂いたのですが、PERRYは「若者の世界を広げる」をコンセプトにしていてます。そこで、まだ旅に出たいけど出れていない、現状に燻っている学生に対して何かメッセージがあれば、お願いします。  

 

自分はこの3年間、ほとんどの時間を旅に費やしてきました。日本にいる時も旅をするためにアルバイトをしたりして、生活の中心が「旅」でした。でも一切後悔といったものはないです。もし旅をしていなかったら、全く違う自分であったことは間違いないと思います。自分探しという言葉は好きじゃないけど、間違いなく旅にいったら何かがあって、それは自分の友だちを見ててもわかっていて。

 

自分を少し変えたいとか、何かを変えたいといった気持ちがあるのであれば、「旅」が一番手っ取り早い方法だし、色々な人に会うチャンスがあると思います。言葉にはならないけど、忘れられずにずっと心の中にある願望や理想がある人は、騙されたと思って一回旅に出てみると良いと思います。

 

そして、こういう自分自身もまだ将来のことなんて分かっていませんが、それでも目の前にある、自分のやりたかったことができる環境があるので、そこでもがいていきたいと思います。だから、学生の皆さんも「今しかできないこと、やりたいこと」があったら言い訳せずに決断してみて欲しいです。  

 

──最後まで、素敵なメッセージをありがとうございました。インタビューする中で、自分も参考にしたい部分が沢山ありました。  

 

新世代の旅人が集まる、ドキュ・メメントとは?

photo by naruki

 

ドキュメンタリーと社会を面白くつなぎ直す! 登壇フェス『ドキュ・メメント』生まれたてのドキュメンタリーを生体験! 30人の表現者が2日間に渡って”私のドキュメンタリー”の登壇ライブを行います。   舞台は、昭和の匂いが残る東海道の宿場町、品川宿。 物語が生まれる瞬間を一緒に作りませんか? 作る人・見る人・出る人が垣根なく混じり合う、2日間のドキュメンタリー体験を作ります!  

 

公式サイト

  スケジュール、チケットはこちらから! http://docu-memento.com/  

 

公式Facebookページ

  様々なジャンルの記事を毎日更新中! https://www.facebook.com/bugdocument/  

 

photo by naruki

 

また『ドキュメメント』では、新福剣士くんをはじめ、旅人が多数登場するトークセッションも開催します! 古くから旅人が行き交ってきた東海道に、新世代の旅人たちがやってくる! ドキュメンタリープロジェクト『旅旅しつれいします。』(2017年・NHK総合)から広がった旅人ネットワークが集結。  

 

詳しくは、こちらをご覧下さい。

http://tabitabi.life:3000/assets/site/prog_tabitabi.html  

 

【開催概要】 2017年11月3日(金)~4日(土) 会場:北品川周辺一帯 (京浜急行北品川駅新馬場駅からお越しいただけます。)  

 

さいごに

photo by naruki

 

いかがでしたでしょうか。 「普通の大学生活」なんてよく聞きますけれど、それは勝手に自分でそう決めつけてるだけじゃないんでしょうか?  

 

世間に流されるのではなく、彼のように「自分で決断する力」が僕ら若い世代には求められているような気がしました。   そして、彼の勢いの根底にあったのは紛れもなく「旅」でした。

 

まだ挑戦することを恐れている人は、とりあえず決断してみましょう!

そこからがスタートです。  

 

そして、彼の語る「ドキュメンタリー」は日頃触れない分野なだけに非常に興味深かったですね。 自分は「ドキュ・メメント行ってみようと思います。(笑)  

 

11月3日(金)~4日(土)予定が空いている人は、是非参加してみませんか?  

 

これもまた「決断」です。

 

(記事掲載日10月31日)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

いかがでしたでしょうか。いつだって決断にはリスクが伴うと思います。

 

それでも、その決断こそが「生きる」ということであり、自分で自分の人生をコントロールするということなんです。

 

例えば、自分と彼の決断のきっかけは「旅」にありました。しかし、ぼくら学生は旅以外にも「留学」「休学」「長期インターン」「海外インターン」など様々な選択肢があります。

 

この選択肢を知り、決断するということがとても重要なんです。

 

この記事が読者のみなさんの参考になれば幸いです。決断していきましょう!

 

記事内で紹介したイベント「ドキュメメント」は今年も開催予定です!こちらもぜひチェックをお願いします

 

 

Twitterで色々な情報も発信しているので、よければフォローお願いします!

 

twitter.com

 

 

 

 

 

ネコについて考える日があってもいい。

 

どうも、ガンです。

 

もう毎日疲れたよね。

ネコについて考える日があっても良いよね。

 

ってことで今回は、自分が大好きな「ネコ」について考えてみました。(実家で3匹飼ってました)

 

 

 

(とても大事なことなので、ここから少し威厳を持った文体にしてみます。)

 

 

みなさん、ネコの日なるものをご存知だろうか?

 

 

 

 

2月22日、これが神聖なる「ネコの日」である。(ニャーニャーニャー=222)

 

 

 

猫が好きあるいは猫を飼っている人ならきっと皆共有している、いわば天皇誕生日といっても過言ではない日ではないだろうか。(過言)

 

f:id:mrzistafan:20180509001828j:image

f:id:mrzistafan:20180509001831j:image

 

きっと夏目漱石だって、カートコーバンだって猫の日だけは筆もギターもおいていたに違いない。これは確信。

 

そうはいう自分も実家で猫を飼う、猫バカの一人。

うちの猫はメスの5歳になるミケで、顔はどちらかというと松雪泰子似の美人である。

(過言ではない)

 

まあうちの猫の自慢は今回は置いといて、猫の存在についてふと考えたことを書こうと思う。

 

 

ネコという絶妙な存在

 

f:id:mrzistafan:20180509002021j:image

 

猫という生き物。または、「存在」はよくツンデレという言葉で知られる。

 

確かに、言葉のとおり猫は家族がそろって大人数で囲まれているとツンとし、家に自分と猫だけだったりすると途端にデレとなる。

 

大概の猫好きはこのギャップの虜になっている。それは間違いない。

 

 

f:id:mrzistafan:20180509003001j:image

 

 

ただ、猫という存在を少しだけ深く考えると、

 

実は猫という生き物はある種の絶妙な”存在感”のようなものを持ち合わせている、その”存在感”こそが猫の魅力なのではということが頭に浮かんだのである。

 

猫という生き物は、例えば家にいるときでも、外でみかける時でも存在自体は確かにそこにいる、勿論こちらから手を伸ばして触れ合うこともできるし、別に触れ合わなくてもいい。そこにいるだけでも猫としての魅力がある。

 

 f:id:mrzistafan:20180509002128j:image

 

家では、たとえばリビングや縁側で横になり、そのそばで猫がいること、

それだけで私たちは心が満たされる気がするし、猫はいるようでいないのだ。

 

外でも同じ猫を見かけて、最初は頭を撫でたりするものの、あとはその風景に猫が存在しているそれだけでその風景は完成される。

 

f:id:mrzistafan:20180509002245j:image

 

犬のように散歩をするわけでもなく、一緒に公園にでかけるでもない。それでも、お互いの生活に干渉しすぎない、かつお互いを満たしている。

 

猫が持つこの絶妙な存在感、いるようでいない安心感が自分は好きである。

 

 

 そして、これからもこの存在に魅せられていくのだと感じる、ふとそんなことを感じた今日でした。(笑)

 

f:id:mrzistafan:20170223030715j:image

 

最後に。これがうちの松雪泰子である。

(過言ではない)

 

 

 

450本見た自分がオススメする「人生を描いた映画4選」

 

どうも、がんです。

 

いきなりですが、映画って良いですよね。

 

自分は実家がWOWWOWを契約していた影響からか、映画に触れる機会が小さい頃からありました。今はNetFlixなどが台頭して、映画がより身近なコンテンツとなってきていると思います。

 

基本ジャンルを問わず映画は見るんですけど、その中でも特に影響を受けたジャンルは「一人の人間の人生を描いた映画」です。

 

様々な時代、国、環境を背景にして、一人の人間の生き様を120分に詰め込んだ映画は様々な生きる上でのヒントを与えてくれました。

 

今回は、今まで450本以上の映画を見てきた自分が特にオススメしたい、あなたの人生を変えうる「一人の人生を描いた映画4選」をお届けします。

 

 

1.6才のボクが、大人になるまで

f:id:mrzistafan:20180507212858j:plain

 

この映画を作る為にかかった年数は「12年」。

なんと、この映画を撮影するために同じキャストが幼少期から成人期まで12年の歳月をかけて演じているんです。監督の作品への執念を感じます。

 

6歳の少年メイソンJr.が成長し、18歳になるまでの過程を綴った作品。

 

f:id:mrzistafan:20180507224024j:plain

 

内容は決してドラマチックなものではないです。ただ、普遍的な誰しもが経験する幼少期、思春期、青年期をリアルに描写しています。過去・現在の自分と重ね合わさられる場面が多くあり、そこが他の伝記的な映画と違う点。

 

時間があるときに、ゆっくりと見て欲しい一本です。

 

2.夜になるまえに

f:id:mrzistafan:20180507212625j:plain

 

こちらは、一点変わって伝記物となります。

自分はこの映画を見て大きな衝撃を受けました。

 

主人公は作家レイナルド・アナレス。キューバ革命の中で埋もれた稀少の作家の壮絶な人生を綴った作品。

 

作家として言葉を、ホモセクシャルとして性の自由を奪われそうになりながらも戦う一人の漢。今の時代にも根深くある「自由とは」という命題を深く問いかけてくれます。

 

「自由」が当たり前ではなかった時代・環境の中で、それでも自分の意志を貫き世界に名声を轟かせるその生き様は一見の価値あり。

 

f:id:mrzistafan:20180508162642j:image

 

ちなみにジョニーデップも出演しています。女装のクオリティがエグい。(この作品にも出演するジョニーがすごい!)

 

f:id:mrzistafan:20180507223209j:plain

 

このセリフはとても印象的でした。歴史は重く、深い。

 

 

3.フォレスト・ガンプ

f:id:mrzistafan:20180507213605j:plain

 

人生の映画といったら、おそらく一番有名であろう作品。名優トムハンクスがフォレスト・ガンプという一人の男の半生を圧倒的に演じました。(ガンプはアメリカの方言で「うすのろ」という意味、うすのろガンプって感じですね。)

 

おそらく、あらゆる人の人生のバイブルとなり得る映画です。人生の楽しさ、悲しさ、難しさ、そして素晴らしさを教えてくれます。

 

もう細かいことを言い出したらキリがないのですが、見たことがない人は絶対に見るべきです!断言できます。それほどの名作です。

 

うすのろガンプが不器用ながらも、純粋な心で生きていきます。

 

f:id:mrzistafan:20180507225807j:plain

f:id:mrzistafan:20180507225822j:plain

 

 なんといっても、この映画は名言だらけ。

一体ガンプがどんな人生を送るのか?気になる人はぜひ見てください。

 

 

4.スカーフェイス

f:id:mrzistafan:20180507213752p:plain

 

最後に紹介するのは、こちらの一作。

 

名優アル・パチーノが、キューバからアメリカに渡り一気にマフィアの頂上にまで上り詰めるトニーモンタナという男の栄枯盛衰の人生を怪演します。

 

アル・パチーノの迫真の演技に終始圧倒されますが(無茶苦茶かっこいい)、マフィアのというアウトローの世界にあっても自分の信念と仁義を貫く、強い男の生き様に魅せられます。(ミシェルファイファーもまたお美しいんですが!!)

 

「信じるのは自分だけ」そんな男の真っ直ぐな生き様を見つつ、次第に金・権力に溺れていく様子も反面教師として学ばさせられる内容です。

 

f:id:mrzistafan:20180508002752j:plain

お美しい、ミシェルファイファー。

f:id:mrzistafan:20180508002900j:plain

THE 漢。アル・パチーノ

 

f:id:mrzistafan:20180508213616j:image

 

もう最後のシーンのアル・パチーノは何か別の魂が入ったような、それこそ「トニーモンタナ」になった瞬間でしたね。鳥肌が立ちました。

 

まとめ「人生から学び、人生を知る」

f:id:mrzistafan:20180508010814j:plain

 

一人の生き様を写す映画。

 

アナレスのような偉人の人生か、メイソンJr.のような誰にでも当てはまるような一人の人生か、ガンプのような少し変った人生か、それともトニーモンタナのアウトローな漢の生き様か。

 

映画はあらゆる国・時代・環境の元で立場は違えども、人間一人一人には確かに「人生」があると教えてくれます。

 

そして映画を通して、それらを見て知ることで「人生」を学ぶことができる。これは貴重な経験だと思います。どれだけこの「人生」を知っているかで、その人の「厚み」に違いが出る。ていねいに生きるということにも繋がってくるのかな。

 

だから自分は「人生を描く映画」を見ることをオススメしたいです。

 

誰かの人生は、誰かの人生を創る。

 

ああ、映画っていいもんです。今日は何を見ようかな。

旅の目的って何だろう。沢木耕太郎から学ぶ『ていねいな旅』

 

どうも、がんです。

 

最近は胃腸炎にかかり、帯状疱疹なるものまで患い、改めて「ていねいに生きよう」と思っております。帯状疱疹は危ない病気です。記事化予定

 

さてみなさん「旅」は好きですか?または、したいなって思ってますか?自分は旅が大好きです。大学の長期休暇を使って海外に一人でふらっと行くのが好きで、今まで13の国を訪れました。今年は南米・アメリカに行きたいなと思ったり。

 

今回はそんな自分が旅にでるきっかけになった本、ではなく、「旅の目的って何だっけ?」と葛藤した自分に”旅の本質”を教えてくれた本を紹介します。

 

旅が好きな方はもちろん、旅に出たいと思っている人にぜひ読んでほしい本です。

 

沢木耕太郎

f:id:mrzistafan:20180501161620j:plain

 

みなさん、沢木耕太郎という作家をご存知でしょうか?

 

沢木耕太郎といえば「深夜特急」が代表作として有名。著者である沢木耕太郎が実際に世界一周した時の体験が臨場感たっぷりに描かれています。おそらく旅をしたことがある人はみんな一度は読んだことがあるんじゃないかというほど、名作として今も親しまれている作品です。自分自身も旅に出よう!と思ったきっかけは「深夜特急」でした。

 

深夜特急」について詳しく知りたい!という方はこちらの記事を読んでみてください。深夜特急の内容から魅力までわかりやすくまとめてあるのでオススメです。

 

perry.tabippo.net

 

そして今回はあえて沢木耕太郎さんの「深夜特急」ではなく「旅の窓」という本を取り上げてみたいと思います。

 

旅をするように読む「旅の窓」 

f:id:mrzistafan:20180501161310j:plain

 

旅への葛藤の中で出会った一冊

 

今回紹介する「旅の窓」という本。一体どんな内容なのか?

 

簡単にいえば、

 

深夜特急 →  旅を「追体験」する本

旅の窓   → 旅を「再認識」する本

 

と説明できます。

 

上でも述べたように深夜特急沢木耕太郎さんが実際に世界を旅した経験をありのままに綴った内容となっています。物語のテンポも良く、場面を忠実に描写しているので、まるで「自分が旅をしている」ような感覚になる作品です。

 

自分もこの本を読んだ時は夢中で読み続けました。まだ見ぬ絶景を、旅を、文章から想像を膨らまさせて「自分もこんな旅がしたい」そう思って一人旅を始めました。

 

そんな感じで深夜特急は「旅を 疑似体験する」ニュアンスがとても強く、刺激的な作品だと思います。

 

 

 

 

 

 

ただ、自分が旅を重ねるにつれ少しずつ考え始めたのは「旅の目的って何だろう」ということでした。

 

憧れの旅をして、絶景を見て、かけがえのない出会いもした。確かに大事です。

 

それでも気づけば「絶景を見ること」や「出会い」を目的にしている自分に少しずつ違和感を持ち始めました。どこか表面的で、旅を消費してしまっているような感覚。訪れた国の数だけ増えて、語れるのは行った場所と出会った人の名前だけ。

 

 

「これはどうしたものか」「旅ってこんなもんだっけ?」そんなことを考えてしまうようになった時に出会ったのが、この『旅の窓』という本でした。

 

何気ない一瞬を捉える「旅」

 f:id:mrzistafan:20180503231503j:image

 

 旅の窓は、沢木耕太郎が旅中に撮った何気ない写真を一枚ずつ取り上げ、その写真にまつわる小話を添えていくという内容となっています。

 

深夜特急を読んでいた自分にとっては、かなり斬新な内容でした。決して絶景ではない、ただ本当に旅の中の何気ない一瞬の写真が載せてあるだけのはずなのに、ただひたすらと引き込まれました。

 

f:id:mrzistafan:20180503231427j:image

 

f:id:mrzistafan:20180503231433j:image

 

そしてこの本を読む中で自分は「旅の本質は、何気ない旅の一瞬にある」ということに気づきました。旅をしていると、つい「発信しなきゃ」という気持ちが先走り「絶景」「出会い」という目的に捉われがちになります。

 

 

 

しかし本当に大事なのは「旅の中の何気ない風景に目を向け、心に刻むこと」です。そしてこれは決して目的ではなく、旅の中で自然に意識できることです。

 

 

 

 

旅先の何気ない日常や風景に目を向けて、自分の感性に委ねてみる。そうして刻んだ記憶は心に残り続け、言語化できる。そんなことを旅の窓は教えてくれました。

 

旅の窓に書かれている内容はスッと心に届きます。作られた言葉ではなく、ありのままの言葉だからです。そして写真と共に、その場面の空気感までが伝わってきます。

 

 

「ていねいな旅」をしてみよう

 f:id:mrzistafan:20180503232218j:image

photo by gan

 

旅の窓を読んで自分の中のモヤモヤはなくなりました。

 

旅を消費するのではなく、ていねいに、旅をきちんと味わおうと思わせてくれました。

 

もちろん「絶景」「出会い」も大事な旅のスパイスです。

それが目的であっても良いと思います。でももし今旅に対して何か違和感を感じている人がいたら、一回旅の窓を読んで見て欲しいです。これから旅に出たい!という人もぜひ読んで、ていねいな旅を感じてみてください。

 

 

目的に捉われず、旅を味わう、感じる、想う。

 

 

これが旅の根幹にさえあれば、きっと旅というものをより一層深く濃くすることができると思います。自分の感性を風景と重ね合わせる、そんな時間を自分もこれから設けていきたいなと思います。

 

そして自分も沢木さんに習って「旅の窓企画」を不定期で掲載しようかなと思います。

 

 

ganchan.tonoshiya.com

 

こんな感じで一枚の写真とそれにまつわる小話を少しづつ紹介していきます。

 どうぞ、お楽しみに。(まず病気治します!!!)

 

 

漬け物を作ってみたら、インスタント食中心の自分が変わった話。〜完成編〜

 

どうも、ガンです。

 

今回は先日載せた「MUJIの”ぬかどこ”でエモい漬け物を作った」の完成編です。

前回記事はこちら。

 

ganchan.tonoshiya.com

 

 

本当に簡単に漬け物が作れて、案外自家製って楽しいと思いました。心が整うというか。だから料理を趣味にしている人はきっと自分をコントロールするのが上手いんだろうな、とかそんなことを感じました。(漬け物作っただけなのに)

 

今まで「食」といえばインスタント麺・コンビニ弁当が中心だった自分が「漬け物」を作って見たら、大きく食に対する意識を変えられています。笑

 

今回はそんな感想も踏まえて「ていねいな食」についても考えてみました。

 

ついに漬け物が完成、、!!!

f:id:mrzistafan:20180428012544j:plain

 

ついに野菜を丸一日(24時間)漬けて、ついに漬け物が完成!!

ちなみに使用したものは

 

MUJIの”ぬかどこ 1000円

・きゅうり3本 98円

・なす 5本 158円

 

でした。

 

では、さっそく袋を開けてみます!

 

f:id:mrzistafan:20180428013022j:plain

 

おお!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

f:id:mrzistafan:20180428013105j:plain

 

 

 

おおおおおおおおおおおお!!!!!!!漬かってやがる!!!

この愛しい野菜たちを”ぬかどこ”から取り出して、あとは水で洗うだけ。

 

 

 

 

f:id:mrzistafan:20180428013320j:plain

こちらが漬かった野菜たち。これらを切ると、、

 

 

 

f:id:mrzistafan:20180428013601j:plain

「自家製ぬか漬け」が完成!!!!!!!漬け物ができました。

 

使った野菜を全部切って盛り付けてみると、、

 

 

 

 

 

 

f:id:mrzistafan:20180428013851j:plain

f:id:mrzistafan:20180428013911j:plain

 

すげえええええ。かなりの量の漬け物が作れました。これでご飯は30杯はいけますね。

 

気になるお味は、、?

気になるお味ですが、しっかりと「漬け物」の味がしました。市販の漬け物と変わらず美味しかったです。ただ、今回は浅漬けだったかなと。もう少し濃い味を出すのであれば、あと12時間は漬けて良かったかな。

あとは、まだ揉み込みが甘くて味にムラもありました。

 

次回への反省点

1、より濃い味にするなら「1日半」漬けてみる

2、揉み込みはしっかりして、ムラをなくす

 

スポンサーリンク

 

ていねいな「食」とは

f:id:mrzistafan:20180523131822j:plain

 

MUJIの”ぬかどこ”で作る漬け物は市販と遜色なく美味しく、むしろそれ以上にリーズナブルに作ることができました!

 

半年ほど使い続けられる”ぬかどこ”は何回も使えて、一回で市販の漬け物1000円分ほどは簡単に作れるので本当にリーズナブルです。

 

さらに味や野菜も一回一回調整することで、自分の好みのものに近づけていける所は良いなと思いました。こんな感じで少しづつ「食を自分に合わせていく」ということを意識していきたいなと思います。

 

これは今までロクに料理もしない、外食やコンビニ弁当が多かった自分からしたら大きく変わった部分です。自分のケースでいえば「漬け物」がそんなきっかけになってくれました。

 

「ていねいな食は、ていねいな生活に繋がる」これはあながち間違いない。という訳で、これからは定期的に「食」に関する発信をしていこうかなと思います。

 

お次は、僕が大好きな「お酒」を自分で作ってみようと思います。梨酒、生姜酒、ざくろ酒などなど。楽しみだ!!

 

Copenhagen

f:id:mrzistafan:20180427022820j:plain

 

これはバックパックデンマークのCopenhagenに行った時に買ったポスター。

 

Copenhagenでは1日自転車を借りてブラブラして、良い感じの古着屋?があったので入ってみた。

 

すると、内装は北欧らしくシンプルに洗練され、80年代くらのレコードやヘビメタのコンサートの張り紙等興味深い物がズラリ。

雰囲気は北欧らしさのホッコリとちょっとスパイスの効いたロックが一緒にあるような感じで、入って間も無くその店の虜になった。

 

そんな店の中央には大きな加工されてないような木で作られたテーブルがあり、その上に何枚かの大きな紙、ポスターか。と思ったが惹かれたのはそのデザイン。北欧らしいような、絶対には日本では描かれないあの特徴的な感じだ。自分はあの美形な北欧の人々が自分たちをああやって一本の線で全く美しさを主張することない形で、芸術的に描くのがとても好きだ。

 

まあ、その絵には皆確かに女性が描かれていてそして向こうの文字が大きく書かれている。ちなみに色は皆赤やオレンジが使われていて何かを訴えているのが全く読めない文字越しにも伝わる。

 

これは何だろうか。と思っていると、店の奥からおばあさんがでてきた。おばあさんといっても、きている服はまるでパルプフィクションにでてくる女優のようにエナメルのミニスカを履いて素足を出し、ハイヒールを履いている。

これにはちょっとたじろいだがおそらく店の中では自分と彼女の2人だけなので話しかけることにした。彼女は、普通のおばあちゃんではない、見た目からもわかるように自分に誇りがあるとでも言おうか、とにかくその身のこなしに威厳を感じた。

 

これは何?と聞いてみるとおばあちゃんは


「ただのポスターじゃないわよ。」


と冷たい口調でいった。

 

じゃあ何のポスターなの?と聞くと


「これはfeministのプロパガンダなの、わかる?」

 

とさらに語気を強めて言われた。

なるほど、とその時ポスターから感じられる強いエネルギーとそのおばあちゃんの威厳の意味を理解した。

 

「あなた買うの?買わないでしょう。」というようなニュアンスでおばあちゃんはいった。feministなんて買ったらあんた変って思われるわよという感じだったと思う。

 

そこで「いや、買うよ。feministじゃないけど」といった。

 

するとおばあちゃんは「そう、あなたどこから来たの?」
と聞き、「JAPANだよ」と答えると

 

「あなたがそれを日本に持ってくことに意味があると思うわ」と、いった。その時初めておばあちゃんの笑顔をみた。ちょっとニヒルなかんじがなおさら印象的だった。

 

「うん、この赤のやつデザインが気に入ったよ。もちろんこの意味も忘れないけど。ちゃんと日本に帰ったらみんなに伝えるよ。」と僕が言うと

 

「いいわね、女性は強いのよ。忘れないで」と言った。


「うん、忘れない」といって会計を済ませて店をでる間際もう一度おばあちゃんをみると、「サヨナラ」といってくれた。


その時おばあちゃんと一緒に写真を撮ろうと考えたが、それはやめた。きっとおばあちゃんは写真が嫌いだとなんとなく思った。

 

そして「ありがとう、またね!」といって店を後にした。


この数十分の店でのやり取りは自分はずっと忘れないと思う。このポスターを見る度にあのおばあちゃんが頭に浮かんでそして今日おばあちゃんとの約束としてこの話をブログにしてみた。

 

 

今このポスターは僕のベッドの上に飾ってある。

『閲覧注意』世界の”ヤバい”が集まった渋谷残酷劇場展へ潜入。知られざるアウトローな世界

 

どうも、がんです。

先日「渋谷残酷劇場展」という企画展に行ってきました。今回はこの企画展の様子と実際に行って自分が考えたことについて書きたいと思います。

 

うん、どんな内容かは字面で何となくわかったかと思いますが。とりあえず感想を一言でいうと「生を越える、死への畏怖」「グロい」「ぐろい」「ヤバい」でした。(一言ではMuri)

 

では、簡単に企画の紹介をしたいと思います。

 

「都築響 presents 渋谷残酷劇場」展

f:id:mrzistafan:20180426183141j:plain

 

渋谷アツコバルにて、4月14日〜5月13日の期間で開催されている企画展。

都築響がこれまでに日本、台湾、タイで取材をしてきた地獄寺や見世物小屋、ヨーロッパの病理標本、拷問美術館などの写真・映像を展示中。まさに世界の「ヤバいやつ」が集められた企画展。とにかく、ヤバい。 *もちろん18未満は入場不可

 

企画の趣旨

企画の趣旨についてですが、これについてはアツコバルのオフィシャルサイトに掲載されている都築さんのコメントを引用したいと思います。

 

「幸福な家庭はどれも似ているが、不幸な家庭はそれぞれに不幸なもの」という『アンナ・カレーニナ』冒頭の名言を引くまでもなく、美しいこと、楽しいことよりも、醜いこと、悲しいこと、恐ろしいことのほうが、僕らの想像力をはるかに刺激するのはなぜだろう。エクスタシーが「小さな死」であるならば、大いなる死を前にしてどんな歓喜が待っているのか。このハイウェイ・トゥ・ヘルのロードサイドに。http://l-amusee.com/atsukobarouh/schedule/2018/0414_4622.phpより引用)

 

 確かに、人々は「幸せ」より「残酷」から多くを想起する生き物なのかもしれない。これは隠しきれない人間の性。歴史が証明していたりする。このコメントを踏まえると自然と「作品と向き合える」なんて気がしました。とりあえず、自分の考察は記事の最後でしたいと思います。

 

 

ということで、早速行ってきた様子をお届けします。内容に触れすぎるのは良くないと思うので(色んな意味で)、とにかく画像をベースに伝えようと思います。(撮影は可でした)

 

(以下、グロ耐性がある人、アウトローな世界に興味がある人はご覧ください!)

 

ではでは、参ります。

 

 いざ、アウトローの世界へ 

f:id:mrzistafan:20180425175449j:plain

企画・展示スペースは広い部屋一室という感じ。このスペースにオブジェが飾られ、壁には一面の「残酷写真」が貼られている。また世界の「残酷スポット」や「見世物小屋」などの様子を流し続けるTVも3台設置され、ここに表示される映像・音がまたこの空間をアウトローなものへと昇華していた。

人は意外に多く、年齢層も若者カップルから40代くらいの夫婦が来ていたり。これにはビックリ。興味ある人は、あるんだなあ。

 

f:id:mrzistafan:20180425183229j:plain

まず、入ってすぐ左。いきなり残酷。

 

ここにある画像は日本各地にある「地獄を実際に表現しているスポット」の写真。例えば日本の寺院では「地獄の恐ろしさ」を伝えるために、あえてこうした「地獄」をモチーフにした博物館を設置している所があるらしい。学研がコラボしているとことかありました。

 

(結構、リアルでビビる、、)

 

f:id:mrzistafan:20180425183008j:plain

 

この横に設置されているTVではそんな「地獄スポット」を淡々と紹介しているDVDが流れ続けている。(これが意外に面白かった)

 

f:id:mrzistafan:20180425183352j:plain

 そして、謎のオブジェ。これは何かの拷問道具みたいです。痛そう、、(小並感)

 

f:id:mrzistafan:20180425184115j:plain

oh....って感じの表情だけど、このオブジェの存在感は中々。

 

f:id:mrzistafan:20180425184206j:plainこんなオブジェも。あ、赤ちゃん、、、!!

 

f:id:mrzistafan:20180425184349j:plain

 あかん。顔があかん。(でも見入ってしまう、、)

 

 

f:id:mrzistafan:20180425183955j:plain
 がああああああああああああああああ。何気にゴキ、、。何を表現しているのか、いや、これが「残酷」ということか。

 

f:id:mrzistafan:20180425184936j:plain

奥の方に行くと、ヨーロッパの拷問博物館や病理標本(病気になった患者の症状を標本にしたもの)のスペースに。のれんをくぐると

 

f:id:mrzistafan:20180425185301j:plain

こちらが病理標本。ヨーロッパやロシアの施設に保存されているものだそう。天然痘や梅毒など中世の時代はこうして「標本」として病状を保存する必要があったようで、リアルです。これもまた一つの「残酷」といえる。

 

f:id:mrzistafan:20180425185627j:plain

こちらはカタコンベというもの。そして中央の三体のミイラは「史上もっとも美しいミイラ」と呼ばれている。ここには「死への畏怖」のようなものを感じることができる。

 

 

f:id:mrzistafan:20180425191806j:plain

 そして一番衝撃的だったのは、タイの奇祭と呼ばれる「ベジタリアンフェスティバル」の写真たち。とにかく顔になんでも刺しまくっている。何なら貫通してる。どうやらこの人たちは、自分の体を痛めつけることで普段の生活では得られない「トランス状態」に入り、神に近づくことを目指しているらしい。

 

f:id:mrzistafan:20180425192642j:plain

そして最後に、見上げれば「帝王切開」。なんだこれ。どうして作られたんや。

 

 

誰もが死を意識し、残虐性を持つ

f:id:mrzistafan:20180425193053j:plain

 

美しいこと、楽しいことよりも、醜いこと、悲しいこと、恐ろしいことのほうが、僕らの想像力をはるかに刺激するのはなぜだろう。」

 

冒頭で紹介した都築さんの言葉を借りると、自分も同じことを企画展を見終えて感じた。なぜ人はここまで「残酷」になれるのだろう。考えてみれば 、残酷である状態は人間が最も望ましくない状態のはずだ。みんな幸せでありたいし、不幸になりたいはずがない。

 

でも人は死を想像し、残酷を表現する。ここは実に不思議なところであるけれど、もしかしたら誰しもが持つ「残虐性」という性なのかもしれない。企画展などは、こうした人が内に秘めている「残虐性」を客観視させてくれるものだった。普段見ることができない、または許されないものであるからこそ、人々は客観視できる場所を望む。

 

そして自分もそうした人間の一人だと感じた。企画を理解する・しないではなく、普段表に出ることのない人間の一面を知ることができる場は、とても重要なものなのかもしれない。

 

アウトローな世界。普通の世界に疲れたら、そんな世界に浸ることもオススメです。

 

興味が湧いた!!って方はぜひ実際に観に行かれることをオススメします。

 

5/13までの開催なので、お早めに!

 

 ■ATSUKOBAROUH Night Gallery 都築響一 presents 渋谷残酷劇場


会期:2018年4月14日(土)〜5月13日(日)
会場:アツコバルー arts drinks talk
住所:東京都渋谷区松濤1-29-1 クロスロードビル5F
開館時間:水〜土 16:00〜22:00、日・月 11:00〜18:00
定休日:火曜日
入場料:1000円

 

 

 

MUJIの”ぬかどこ”でエモい漬け物を作った。〜作成編〜

 

 どうも、がんです。今回は「ていねいな食生活」=「食で自分をコントロールする」をテーマに記事を書きました。

 

いきなりですが、自分は漬け物が大好きです。

 

「ブログ始めたばっかなのに、いきなり漬け物、、渋い、、エモくない、、。」とか思ったそこのアナタ。自分はエモいって言葉そんな好きじゃないんですけど、漬け物ってエモいんですよ。だからエモいって言葉が嫌いなアナタも、1回読んでみてください。笑

 

なんか蕎麦屋とかでお盆に乗ってる漬け物とか。蕎麦からじゃなくて、まずは漬け物から食べて美味しかったら「ここは蕎麦も間違いなくうまい」って確信します。漬け物がうまい蕎麦屋は、絶対に蕎麦もうまいでしょう。そんな感じで僕は漬け物をある種の判断軸としています。

 

そこで最近気づきました。「もう自分で作ればええやん」と。

自家製なら安いし、好みにできるし、エモいし、エモいし。

 

そんな訳で今回は、MUJIが発売している”ぬかどこ”で実際に自家製ぬか漬けを作ってみました。その様子をお伝えしたいと思います。

本当にびっくりするくらい、「簡単」「リーズナブル」にぬか漬けをすることができました。マジで。

 

MUJIのぬかどこ

f:id:mrzistafan:20180424111213j:plain

                            photo by gan

 

これが無印良品が販売する”発酵ぬかどこ”です。お値段は1000円ほど。

自分は有楽町店にて購入しました。この店舗がまた良いとこだったんですよね。(MUJI有楽町店については、また別の記事で紹介したいと思います。マジでよかった。)

 

そもそも”ぬか漬け”とは

ぬか漬けとは、乳酸菌醗酵させて作った”ぬかどこ”の中に野菜などを漬け込んで作る漬け物を指します。いわゆる醗酵食品です。醤油、納豆も発酵食品。ぬかどこの中にいる微生物が食材を人間にとって有益なものに変化させるんですね。まさに健康大国の日本を象徴する「伝統食」。ほんと食べたことない人は食べてね。

 

本来、本格的にぬか漬けを作るなら”ぬかどこ”を作る必要がありますが、MUJIのぬかどこは既に作られたものなので、ここに野菜を入れて作るだけで”ぬか漬け”を作ることができます。ほんとに便利。

 

必要なもの

f:id:mrzistafan:20180424130429j:plain

 

必要なものは「MUJIのぬかどこ」と「野菜」これだけです。すぐ作れます。

ちなみに、今回自分が使った野菜は

 

・きゅうり3本 98円

・なす 5本 158円

 

近くのやすーい八百屋さんで入手。(笑)めっちゃ安い。

 

作りかた

作りかたもシンプルです。

 

①野菜を洗う

②ぬかどこに野菜を入れ、揉み込む

③冷蔵庫に入れ、待つ

 

めっちゃ簡単。しかも作り方、漬け方は”ぬかどこ”の裏に書かれているのでこれを見れば良し。素敵。

f:id:mrzistafan:20180425172326j:plain

 

 では実際に作った手順を載せてみます。

 

 ①野菜を切って、洗う

f:id:mrzistafan:20180424115518j:plain

 

野菜を切って洗います。なすは洗ったあと、塩で揉み込んで色を落とすのがポイント。

 

②ぬかどこに野菜を入れ、揉み込む

 

f:id:mrzistafan:20180424120004j:plain

 

ぬかどこの中はこんな感じ。醗酵の良い匂いがします。わかんねーよって方、買ってください。(ドS)

 

f:id:mrzistafan:20180424120135j:plain

 

ここに野菜を入れます。

 

f:id:mrzistafan:20180424120233j:plain

 

めっちゃ入ります。1キロのぬかどこ、でかい。

 

f:id:mrzistafan:20180424120550j:plain

 

ちゃんとチャックを閉めて。(発酵菌が逃げるからね!)

 

f:id:mrzistafan:20180424121023j:plain

 

ちゃんと揉み込む。揉む。この時がエモい。(エモくない)

 

③冷蔵庫に入れ、待つ

(冷蔵庫汚すぎて、写真NGでした、、!!)

 

あとは、冷蔵庫に入れて待つだけ。食材によって漬ける時間は変わりますが(裏面に記載)今回は丸一日24時間漬けました。ご飯でも炊いて待ちましょう。

 

完成した”ぬか漬け”は次の〜完成編〜で紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「食」と向き合い自分をコントロールする 

f:id:mrzistafan:20180425205358j:plain

本当にびっくりするくらい「簡単」「リーズナブル」に”ぬか漬け”ができました。

 

MUJIの”ぬかどこ”は裏面に作り方が載っているので、初心者の人でも簡単に作れるのが魅力でしたね。ぬかどこは、もちろん一回きりではなく何回も使えるので(期限は約8ヶ月)1000円という金額で始めるなら普通にスーパーで買うようりも断然安いです。

 

あとはとにかく「自家製」っていいなと。

どうしても自分は今まで時間に追われ、食生活を愉しむということを忘れがちでした。でも一旦時間をかけて食と向き合うと、自然と心が整うような気がしました。料理をするのは、もしかしたらハードルが高い人もいると思います。(俺です)そんな人はまず簡単なものを作るところから始めたらいいんですよ。エモいですよ。やってみてください。

 

漬け物じゃなくても、ジャム、お酒など色々あります。そんな小さな「食」と向き合う時間を作るとちょっと自分をコントロールすることができるのかなと思います。

 

ということで、〜完成編〜も楽しみに待っててもらえたら嬉しいです。

 

お酒、作ろうかな。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ブログはじめました。日々を紡ぐ備忘録

やろうやろうと思い続けて、ついにブログを始めることにしました。

このブログの管理人「がん」です。現在早稲田大学で5回生やっとります。

 

今回は「なぜ自分がブログを始めようかと思ったのか」と「ブログを通して何を発信するのか」を簡単に説明します。そんな堅い内容でもないので、ゆったりと読んで下さい。(笑)

 

ブログを始めようと思ったきっかけ

 

なぜ自分がブログを始めようかと思ったのかについて、簡単に理由は3つです。

 

1.大学時代の経験を整理してアウトプットしたい

f:id:mrzistafan:20180423224337j:plain

大学では海外バックパック(13ヶ国)、長期インターン、島おこし、WEBメディアの立ち上げ・運営など色んなことをやってきました。そして現在5回生として就活も一区切りがついたタイミングで、一旦自分の経験を整理したいと思ったのが理由の一つ。

ふらふらと、時に決断をしながら送ってきた学生生活を自分なりに考察して何らかの形で読んだ人の役に立てたら良いなと思います。

 

2.「発信する」ということをに取り組んでみる

f:id:mrzistafan:20171203204749j:plain

元々SNSはよく使っていました。インフルエンサーと呼ばれる人達からブロガー、学生まで様々な意見がSNS上で交わされていて個人的には「面白い時代になったなあ」と、あくまで情報入手のツールとして客観視していました。ただ、自分の運営していたメディアで開いたイベントのゲストとして招いたブロガーたっけさん

 

「これからの時代、情報は発信する人に集まる」

 

この言葉をきっかけに「客観視する立場」から「発信する主体」になることで今までと違う目線・世界が見えるんじゃないかと考え、ブログというツールを使って発信する側になろうと決めました。

 

3.とにかく備忘録。日々を紡ぐ

f:id:mrzistafan:20180423225432j:plain

    与論島の夕日 photo by がん

 大学生をやってなんと5年目に突入している、この私。一番実感しているのは「時の経つ早さ」。日々いろんなことを考え、色んなことをしているのだけれど、とにかく毎日の情報量は異常だし、一昨日の夜ご飯なんて思い出せるかという前に考える暇もない。ブログのタイトルにもしたように、4年間せわしなくやってきた日々を一旦「ていねいに生きてみたい」と考えるようになりました。日々行ったこと、考えたこと。何気ないことだったりするかもしれないけど、文章としてそれらを紡ぐことで「ていねいに生きる」ということに取り組んでみます。

 

発信する記事の内容

発信する内容は、主に3つ。

 

1. バックパックから島おこし、長期インターン、WEB運営まで経験のアウトプット

すでに理由でも述べたように、まずは自分の経験を言語化したいと思っています。自分の経験をわかりやすく伝えることで読者、特にこれからのキャリアについて悩んでいる大学生に選択肢を与えられたらと思います。現役の大学生が大学生に経験を伝えることは思いの他重要なんじゃないかと、思うなあ。

 

2.自分の意見の発信(ITからカルチャーまで)

こちらも理由と被りますが、とにかく日々キャッチアップした情報から映画・本などのカルチャーまで幅広く取り入れて、自分なりの意見を発信したいと思います。(映画は通算450本鑑賞済み、B級映画大好きなんだ。笑)まあ、備忘録です本当に。

 

3.日々していること

なんかボケ対策してるおじいちゃんみたいになってきたけど。(笑)自分がしていることについてもゆるーく発信しようかなと。「ていねいに生きる」ということで日々自分がしていること、例えば自分はフラッと海外(サハラ砂漠良かった)に行くし、夜釣りも行くし、星を見に行ったりなんてことをしているので(阿智村では2連敗中)人生がちょっと豊かになるようなことも発信できたらなと思います。まあ、ゆるーくね。

 

最近は #漬物 #シティサイクル #お酒作り #DIYがホットワードですね。

 

まとめ 

f:id:mrzistafan:20180424112106j:plain

          サハラ砂漠の朝日 photo by gan

 

まあ、こんな感じで「ていねいに生きる」をコンセプトにブログを始めたいと思います。

自分の為にやっていることが、いつの間にか誰かのためになっている。そんなことが自然に起きたらいいなと思いながら、書いていきます。

 

個人的にインタビューとかも好きなので、一丁前のブログになったらやりたいな。最後まで読んでくれた方々、本当にありがとうございます。

 

そして、これから本ブログをみなさまよろしくお願いします。 〜がん〜